モテる男の特徴について

今回は過去に私が経験した「モテる男性」と「モテない男性」に共通した特徴をいくつか紹介してみたいと思います。

「モテる男性」は、

1.話題が豊富である

仕事などの専門分野はもちろん、時事問題から流行曲まで幅広くフォローできる人は話題の中心になることが多いのでモテると言えると思います。話下手や知識が偏っている人は会話のキャッチボールが続かないので、どうしても相手が退屈するもしくは
会話を持て余してしまい、話す機会自体もぐんと減ってしまいます。

もちろん知識をひけらかす、うんちくを長々と語るという話し方は逆に不快に思われてしまいがちなので、「相手がふってきた話題を広げる」という会話の方法がベストではないでしょうか。

2.何事にも一生懸命である

毎日発する言葉が「ダルいわー」とか「めんどくせー」という男性をカッコいいと思う人はまずいないと思います。そのような言葉を日常的に発している男性は、歩き方もダルそうに足を引きずり、何をするのもめんどくさそうに元気なく動いているもの
です。

それに対し何事にも全力で取り組む男性はフットワークが軽く、表情や体全体から元気が溢れています。誰しもそういった元気に満ち溢れた人と接すると、その人から元気をわけてもらえる気がしてその人の近くに居たくなるのです。これ自体が人を
引きつける力の一つと言えると思います。

3.相手に共感できる

どんな話をしても相手の話を否定したり、自分の話にすり替えてしまう男性は「モテません」

人は誰しも自分の話を聞いてほしいと思って会話を発します。それを遮ってしまっては相手が不快感を覚えるのも当然の事です。

相手の話を一通り聞いた後に意見を求められてから自分の意見を発するのはもちろんOKです。逆に意見を聞かれた時に自分の意見をもたず、返せない人はガッカリされることが多いです。相手の考えを尊重し、なおかつ自分の意見もしっかり保って
いる人は他人から頼りにされる存在になり得ると思います。

4.自分に厳しく他人に優しい

自分に甘い男性は総じて成長が見込めないと思います。そして自分には甘いのに何故か他人の失敗は許せないという非常に器の小さい男性はもはや論外です。

いろいろな失敗を克服し、成長する人には魅力を感じ人が集まってくるのも当然の話ですね。

5.人によって分け隔てをしない

若くてキレイな女性には丁寧に接し、そうでない相手にはぶっきらぼうで明らかに態度が違う男性は見苦しいものです。

どんな相手でも分け隔てなく自然に接する男性は好感を持たれます。「モテる男性」は自分だけでなく相手を観察し相手のいい部分を自分に取り込んで活かす能力がある人だとも言えます。相手を見下したり利用する価値がないと独りよがりな人はその
気持ちが多かれ少なかれ相手や周囲に伝わるものです。

裏表のない人だからこそ人に信用され信頼も得るのです。

 

デートの時やお会計の気遣い

デートの時にはスマートに女性をリードしたいですよね。デートの時にありがちな女性が幻滅する瞬間を挙げてみたいと思います。

まずは服装です。デートの時によれた服装で行く人はまずいないと思いますが、問題は靴です。

服はバッチリでも靴がくたびれていたり、服に合っていなかったり、新しい靴をおろしたてで靴ずれを起こしてしまったり。

第一印象を靴で残念なイメージを与えてしまわないように、頭の先からつま先までもれなく気を配りましょう。

露出の多い服装も女性には警戒感を与えます。筋肉やスタイルを強調したい方もいるかもしれませんが、最初は清潔感のある無難な服装で。

ミリタリー柄やアニメキャラクターものも好みが分かれますので最初は避けた方が無難でしょう。

次ににおい(匂い・臭い)についてです。においというのはとても大切なもので、人それぞれでにおいに対する感想は変わってきます。

最近はスメハラ(スメルハラスメント)という言葉もあるくらいです。自分が一番好きな匂いが、相手には不快な匂いかもしれません。人間は不快な匂いを感じ続ける事で体調不良を起こすこともあります。

最近は洗濯用芳香剤が流行しており数多く売られていますが、一方でその匂いが強すぎて不快感を覚え、体調を崩す人も多数いるというのも実状です。

匂いはかすかに香る程度で十分です。使いすぎには注意しましょう。

お店についてですが、予約を入れたら場所と時間の確認は念入りにしておきましょう。

道に迷った挙句に予約時間に遅刻したりしてはもう最悪です。

前もって一度実際に場所の確認をしておくくらいの余裕を持っておくのがベストですね。

意外に自分で気づきにくいのが「食べ方」です。食事時のマナーは数多くありますが、幻滅されるマナー違反をいくつか挙げてみます。

「箸の持ち方」箸の持ち方で親のしつけ方がわかるとまで言われています。自分の箸の持ち方が正しくなければ子どもにも教えることができないので子どものしつけに力を入れているかどうかが箸の持ち方に現れている、という考え方です。

ささいな事のようで実はいろいろな場面において重要視されていますので箸の持ち方が正しくない人は気をつけて矯正すべきかもしれません。

「口を少し開けた状態で噛む(クチャラー)」「食べ物をこぼす」「口にものが入った状態でしゃべる」「食事の途中で携帯スマホを触る、電話に出る」

これらはどれも女性がガッカリしてしまう行動となっています。普段から癖になっていて気づかないでやってしまいそうな人は特に気をつけましょう。

店員に高圧的な態度を取ることも人間性を疑われますので控えましょう。食事が終わって「ごちそうさま」と言えるくらいの大人の余裕は欲しいものです。

そして会計の時も注意が必要です。レジの前で女性に割り勘でお金を請求したりクーポン券を使ったりするとお金に細かそうだと思われます。

全額おごりにする必要もありませんが、自分が若干多めに引き受けると好感度が下がることはないはずです。

女性が半分支払うと申し出た場合には素直にお礼を言って受け取ってもいいと思います。女性が将来的な展望を男性に見る時には、やはりお金の管理能力を一番気にします。

金払いが良すぎる反面貯金がない男性、クーポン使用やポイントをしっかりためるなど、こまめな管理で無駄遣いを控える反面パートナーの女性にもお金を使いたがらない男性などは結婚相手としては敬遠されてしまいます。使う場面としめる場面を間違えないように気をつけましょう。

 

男女の出会いと男のモテについて

人と人の出会いはどこであるかわかりません。

それは普段利用する電車やバスの中も例外ではありません。あなたは普段どんな利用の仕方をしていますか?知っている人が乗り合わせていなくとも、あなたを見ている人がいるかもしれません。

通勤通学の途中で毎日見かけるあの人の事を知りたい。そんな事は小説やドラマの中でしか起こりえないと思っているかもしれませんが、あながち稀な事ではないのです。出会いが希薄になりがちな現代ですから、そういった出会いの芽は大切にしたいものですよね。

それでは女性はどんな男性が気になるのか。もちろん見た目の好みは大きいと思いますが、ちょっとした仕草や行動一つで与える印象は随分変わってくるはずです。

通勤通学の時間あなたは何をして過ごしていますか。

音楽を聴く、スマホを使う、本を読む、居眠りをしている……人によって様々かと思いますが、女性へのアンケートでは男性が漫画を読んでいる(本・スマホ)、ゲームをしている(スマホや携帯機)と好感度は下がる傾向にあるようです。

年収の高い男性は出勤前に新聞やスマホで情報収集をしている率が高く、朝一番に仕入れたフレッシュな情報を仕事に活かしているというデータがあります。

様々な情報を柔軟に取り入れ、日々の生活に活かしていくことができれば、仕事はもちろん、生活面でもメリットを享受する機会が増えるものです。

そして何事にも積極的な姿勢というものは男性を内面からも外見的にも魅力的に見せる効果があります。

かといって歩きながらもスマホで情報収集する人が多く見受けられますが、歩きスマホをしている人はこれは迷惑以外の何物でもありません。歩くスピードが周囲に合っていないので流れを妨げ、人にぶつかる。ホームや階段で人にぶつかってしまえば相手に大怪我をさせてしまうかもしれません。

そのように人に迷惑をかけながら歩きスマホを続ける人に対して好感を持つ女性がいるはずがありません。何より歩きスマホをしていると姿勢が前かがみになり、いわゆる猫背状態です。猫背で歩く姿はお世辞にもカッコいいものとは言えないはずです。

歩きスマホをやめられない人はオンとオフの切り替えができない人だとも言えます。素早い切り替えができない人はあらゆる面で柔軟に対応できないと思われても仕方がありません。

その瞬間すべきことは何か。切り替えを素早く行ってスマートな男性を心がけましょう。そんな男性にこそきっとチャンスは多く巡ってくるはずです。